CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


FDY製品の製作工程、製作風景などなど
昨年の制作風景

昨年はなかなか制作風景をご紹介できずすみません。

一部ですが、昨年の写真をアップします。

 

1/5サイズのテーブル模型。ほぞ穴など、実物大と同じようにつくります。

 

スモーカーズボウの模型とセットでのご注文。

シュタイフのお人形を飾られるとのこと。

 

こちらは実物大のテーブル。ヒノキを使用するため、軽くて運びやすいです。

「家の家具が重くて…」と、ご相談される方に喜ばれます。

ちなみにこのテーブルは天板を広めに、高さを低めのご要望でした。

デザインは変更できませんが、大きさや高さ等できる限りご希望にお答えいたします!

 

(テーブルに関してはこちらの画像をご参考に)

http://blog.fdy-chair.com/?cid=21

http://blog.fdy-chair.com/?eid=173

http://blog.fdy-chair.com/?eid=210

 

 

ロッキングチェアの塗装前。

イニシャルを彫ることはできないか、とのご要望。

「イニシャルを彫ることは初めてですが大丈夫ですか?」

と、お伝えしたところご了承いただき、初の試み。

マイチェアですからね、ご自分のイニシャルを入れることでまた特別な物となりますよね!

今後もできる限り、このようなご要望にお応えしていきたいです。

 

 

 

ヒノキノイス

この椅子をご注文される方は、何より座り心地を気に入ってくださいます。

執筆をされる際に、動かせるようなオフィスチェアより、動かない安定感のある座り心地が良いとのことでした。

 

 

 

ウィンザースツール塗装前。

ナチュラルとアンティークが人気ですが、最近はブラックも!

モダンなインテリアにぴったりです。

 

 

 

 

キャプテンチェア。塗装前。

右は脚を長めに。左は座面を広めのご要望。

このようなご要望にもお応えいたします。

 

 

FDY工房(ホームページ)

※FDY工房の製品ページ

 

STAND(ホームページ)

※”端材を活かしたウッドクラフトブランド"

 

FDY工房-----------------------------------------

〒811-3415 福岡県宗像市朝野472

E-mail→info@fdy-chair.com

工房・展示場は随時ご見学いただけます。
※ご希望の方は事前にメールまたはお電話にてご連絡下さい。
営業時間:10:00〜17:00(平日)
休業日:不定休
※土・日・祝日もご連絡いただければご案内いたします。

--------------------------------------------------

 

 

posted by FDY工房 | 16:49 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロッキングチェア納品しました

ご注文頂いていたロッキングチェアを先日納品しました。

 

ご依頼主の方は、昨年アクロス福岡匠ギャラリーでの展示の際、ご来場頂いた方で実際に座り心地を体験して頂いていました。

今回工房のほうへいらして再度座って頂き、ご注文を承りました。

 

椅子という商品の性格上、実際に座って確認して頂くのが最善なのですが、宗像まではちょっと遠いなとお考えの方がおられましたら、来年福岡市内にて展示会を行う予定ですので、その際にぜひご来場頂いて実際に座って頂けたらと思います。

 

 

 

ro1.jpg

 

ro2.jpg

 

ro3.jpg

 

ro4.jpg

 

ro5.jpg

posted by FDY工房 | 17:39 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
ローアームチェア完成しました

ご注文頂いていたローアームチェアが完成しました。

材質はタモ、アンティーク着色後ウレタンクリア塗装しています。

 

ご依頼者様からご主人へのプレゼントだそうで、喜んで頂けたら幸いです。

 

 

Low_arm_1.jpg

 

Low_arm_2.jpg

 

Low_arm_3.jpg

 

Low_arm_4.jpg

 

 

 

posted by FDY工房 | 17:10 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
ファンバック・サイドチェア製作中
ご注文いただいたウィンザーチェア(ファンバック・サイドチェア)4脚を製作しております。
この椅子は本来FDY家具デザイン研究所の資料として製作したもので、FDYの製品としては扱っていなかったのですが、お客様のご希望により製作させていただくことになりました。尚、材料は資料では入手困難なものを使用しているため、FDY製品同等の材料(クス、ブナ等)を使用して製作しております。
FDY工房の展示場には製品以外の資料用に製作した椅子なども展示しております。可能な限りご注文に対応させていただきますので、ぜひご来場ください。
fanback_side_chair.jpg

fanback1.jpg
fanback2.jpg

fanback3.jpg

fanback4.jpg

fanback5.jpg

 
posted by FDY工房 | 17:54 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
座面の荒木取り
初めての動画投稿です。

板厚60mmの楠木からウィンザーチェアの座面を荒木取りする様子です。




FDY工房
fdy-chair.com

STAND
instagram.com/stand696
posted by FDY工房 | 15:21 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
スツール、サイドテーブル試作中
FDY工房のウィンザーチェアーと比べ、お手頃な価格のものも…と考え、このスツールとサイドテーブルを試作中です。

脚の部分はウィンザーチェアーで使用しているものと同じものを使い、しっかりとしたつくりになっています。

これは塗装前。
色をどうするか考え中です。
posted by FDY工房 | 10:06 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
スティック(背棒)製作
 ウィンザーチェアの特徴の一つであるスティックの製作。
今回受注しているザ・ウィンザーチェアは7脚、1脚で8本必要なのでトータルで56本作成することになる。

□17×600mmの角棒から両端をΦ12、Φ15で20mmずつ旋盤加工し、手押し鉋で8角形に面取り、ベルトサンダーで荒く削った後、手鉋にて丸く削っていくという工程。
地味で忍耐のいる作業である。

ともすれば座面掘りの派手なパフォーマンスに比べ軽く見られがちだが、8本そろえるには同等の時間を要する。
やみくもに削っていいわけではなく、アームレストの穴に250mmでちょうど止まるように削っていくのには結構な時間を要するのである。

将来的には作業の短縮化として機械の導入も検討しているが、当面は現状の方法で作成していくことになる。

鉋の扱い方の勉強としては、恰好の教材なのかもしれない。

10282.jpg





10281.jpg
posted by FDY工房 | 17:25 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
ザ・ウィンザーチェア製作中
大川木工祭りの展示も終わり、すでにご注文頂いているザ・ウィンザーチェアの製作を行っております。
合計6脚のご注文を頂いておりますが、2脚ずつ完成させていく予定です。

ザ・ウィンザーチェアについては今年の春より、都合4脚製作しており作業の要領もつかめてきました。

このコツのようなものは、同じものを作り続けるなかでしか得られないものだと実感しています。



10204.jpg 


10202.jpg

10203.jpg

10201.jpg




posted by FDY工房 | 18:04 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
スモーカーズボウ制作
先日納品しましたスモーカーズボウの制作工程をご紹介します。

英国ウィンザーチェアとしては19世紀後期のスタイルになります。
見た目もそうですが座った感じは優雅そのものです。

sbw01.jpg

sbw02.jpg

sbw03.jpg

sbw04.jpg

sbw05.jpg

sbw06.jpg

sbw07.jpg


posted by FDY工房 | 17:42 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウィンザースツール制作
 ご注文頂きましたウィンザースツールの制作が完了しました。

今回制作のものから若干仕様を変更しております。
猫脚の形状を見直し、より当時のものに近づけました。
このことにより、安定感もアップしたように思います。

ws1.jpg


ws2.jpg

ws3.jpg

ws4.jpg

写真手前が今回のマイナーチェンジしたものになります。
膨らみ部分が従来のものよりせり出しているのが分かると思います。




posted by FDY工房 | 17:38 | 製作工程 | comments(0) | trackbacks(0) |