FDY's diary

FDY製品の製作工程、製作風景などなど
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 鉋、その後
 新調した寸8の鉋ですが、3ヶ月使ってみての感想など。



続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:51 | category: 道具のこと |
# 鉋、新調しました
新しい鉋を新調しました。3台目です。

前の2台は寸六だったのですが、今回は寸八です。

IMG_4107.jpg





続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:54 | category: 道具のこと |
# 鉋に聞く
「鉋に聞く」よく師匠がつかう言葉です。

元来鉋は木の凹凸を無くして、平面にするためのものです。「鉋に聞く」とは簡単にいうと、凹凸の具合を刃の当たりで判断するといったところでしょうか。
角棒なんかは、鉋に聞きつつ目視で判断できてしまうのですが、ウィンザーチェアのシートに使う板は600×600くらいなので、どこがでっぱっているのか、へっこんでいるのかの判断が目視では難しいです。こういう時は、「鉋に聞く」しかありません。そして、刃の当たり具合から、板の凹凸をイメージして削っていきます。まあ、大型の自動鉋盤があれば、有無を言わさず平らにできますが、ウチは零細企業なので、せいぜい幅300程度までですね。



高度な機械が無いと出来ないと思ってしまいがちですが、昔の人は皆、これでやってきたわけなので、出来ないというのは、退化?なので、頑張って進化していきたいと思います。



| comments(0) | trackbacks(0) | 22:10 | category: 道具のこと |
# 鉋がすべての基本
鉋については過去に研ぎ編を6/13に、砥石編を6/26に書いており、順当にいくと今回は削り編かなと思っていたのですが、鉋を研いで行く過程でどうしてもやらなければならない工程、「裏出し」について書こうと思い、裏出しをやってみました。ところが!みごとに失敗してしまい(刃はかろうじて無事でしたが・・・)ちょっと恥ずかしいのと、全く参考にならないと思うので記事には載せないことにしました。
 
しかしその際、鉋を研いでみて分かったことがありました。
 
全くまともに研げていない!
 

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:10 | category: 道具のこと |
# 「もった」と「臼堀釿(うすぼりちょうな)」
 鉋のことを書いて以来になりますが、久々に道具について書きたいと思います。
今回はウインザーチェアの製作記でも幾度となく登場している「もった」と「臼堀釿(うすぼりちょうな)」についてです。

続きを読む >>
| comments(3) | trackbacks(0) | 23:33 | category: 道具のこと |
# 鉋のこと(砥石編)
 前回鉋の研ぎについて書いて次は「削り編」を書こうかなと思っていましたが、砥石を新調しましたので少しその辺の話を・・・



続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:24 | category: 道具のこと |
# 鉋のこと(研ぎ編)
最近は暖かくなってきたのでそうでもないのですが、冬の寒い時期の鉋刃研ぎはつらかった。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:47 | category: 道具のこと |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links