FDY's diary

FDY製品の製作工程、製作風景などなど
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 研究所主宰のこと
 
ジャパニーズ・ニュースタイル


FDY主宰の山永耕平は第二次世界大戦のさなか、父は教育者、母ともに敬虔なクリスチャンという厳格な家庭の次男として朝鮮(韓国全羅南道)に生まれ、3歳の時、父親の里である九州の山奥(耶馬渓)に引き揚げ、5歳までを暮らし、少年期を福岡で過ごしました。


教育学部美術科に学んだ学生のころ、木工の道を目指したのは一番心を動かされたからだと言いいます。卒業後、家具屋で職人達と仕事にまみれる体験の後、大学芸術学部に採用になると、鉋の刃砥ぎを日課として、日本独特の鉋の原理を追求をしつつ、学生達の鉋の調整に明け暮れました。

ノコを使い、ノミを使い、鉋を使って苦労の末に出来上がる喜びを、血がおどると感じたとき、初めて棟札に名を残す祖父のことを知ったと言います。


椅子のデザインと製作を始めたころより、日本のスタイルを追い求めてきたのは、戦後急成長のため、先進国の物真似ばかりの日本に対するバッシングに、回答するためだったと振り返る。
イギリスウィンザーチェアの研究は、日本人として、素直に西欧の本流から学びなおす必要があったからです。


教育者として多くのデザイナーを世に送り出す一方で、デザインだけではなく自らの手で作品を作り続けて40年、会うことはなかったが、祖父が大工、祖母は宮司のむすめ(長女)というDNAに流れる日本人の血が、彼のデザイナーとして、木工家としての生き方を支えてきたのではないか、と68歳になった今、彼は実感している。



1988 「ベンチシリーズ」より
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:12 | category: 主宰のこと |
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links