FDY's diary

FDY製品の製作工程、製作風景などなど
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# ラスバック アームチェア
いつも山永がパソコン用に使用しているラスバック・アームチェア。
どうしてもこの現品が欲しいと言う方がおられ、お譲りすることになっています。お渡しは来週火曜からの展示会後ですので、この展示会後には座ることができなくなります。
工房へお越しのみなさん、この椅子の座り心地にいつも驚かれます。包み込むような座り心地です。

このように展示会後にお譲りする椅子が何脚かあります。
全て特注品として山永が制作してきたものですので、すぐにまた制作できるようなものではありません。いつの日かつくりたいものですが…

また、もう既にお譲りしている椅子も並びます。なかなか座ることのできない機会ですので、展示会では、時代によって形を変えていったウィンザーチェアを、一脚一脚味わいながら座っていただきたいと思っています。ぜひご観覧ください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:34 | category: ラスバックチェア |
# 山永 耕平 家具作品展

FDY家具デザイン研究所 主宰・山永耕平の家具作品展を開催いたします。

 

山永 耕平 家具作品展

英国ウィンザーチェア&ジャパニーズニュースタイル

 

2017年12月12(火)〜17日(日)

福岡県立美術館 1階展示室

10:00〜18:00(入場は17:30まで)入場無料

 

【講演】現代椅子のルーツを探る

   〜現代に残るただ一脚の椅子ゴールドスミスウィンザーチェア〜

   日時:平成29年12月16日(土)13時〜15時

   場所:福岡県立美術館 4階 視聴覚室 入場無料

 

 2009年、九州産業大学芸術学部を退任時に美術館にて作品展を開催する機会をいただきました。しかしその時点では私にとってまだ一通過点でありました。それは在任中後半に取り組んだウィンザーチェアの研究がまだ途中だったからです。2013年に「ウィンザーチェア大全」を共著という形で出版する機会にめぐまれ、2014年には新たにカブリオール・レッグ(猫脚)を加え16種のウィンザーチェアが出揃いました。今回、今日までの私の創作活動に加えて家具作品展を開催する運びとなりました。御観覧下い。    

FDY家具デザイン研究所 主宰 山永 耕平

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:34 | category: お知らせ |
# キャプテン・クック

当工房では、18世紀〜19世紀のウィンザーチェアを、忠実に復元しています。これは1700年代頃にキャプテン・クックが航海に持っていった、と言われる椅子と同じタイプです。

このタイプの椅子はFDY工房の製品には含まれていませんが、特注としてご依頼を受けました。同じ時期に偶然、違う方からご注文いただいたので、二脚そろって撮影。

製品に含まれていないウィンザーチェアも、特注としてお受けしています。ご相談に応じて、ご対応しています。ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

FDY工房 製品ページ
http://www.fdy-chair.com/products/

その他のウィンザーチェア(特注)
※見本は工房に展示しています。
http://www.fdyamanaga.jp/newpage13.html
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:47 | category: - |
# ユリノキ
先日、日田のとある製材所へ行ってきました。



これまでとは違うところから入手したユリノキ。知人の方が50年程前から植え始めたユリノキを少し譲っていただきました。杉やヒノキ一辺倒の植林に疑問を持ち、植えられてきたユリノキ。育ちの早いユリノキはかなりの大木になっているようで、今後椅子に使うことができたらいいな、と思っています。植えることから使うことまでのサイクルを見ることができるようになれば理想です。そうなるにはまだまだ先のことだと思いますが…まずは使えるかどうか、試してみることです。 そして少しずつですが、山の事を知ること。
行きと帰りに小石原を通りましたが、広範囲に渡っての山崩れの後。その風景を見て、なおさら強く思いました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:11 | category: スタッフのつぶやき |
# 手斧と旋盤

前回、私の愛用している手道具として鉋とノミをご紹介させていただきましたが、

それらの道具は角材を主体とした和の家具での使用が中心でした。

今回は西洋の家具であるウィンザーチェアの製作で主に使用する手道具をご紹介したいと思います。

 

 

【手斧】

 

手斧.jpg

「ちょうな」と読みます。

ウィンザーチェアの座面を掘るのに使用します。

元々は臼を掘るためのものでですが、座面掘りに非常に適しています。

イギリスで18世紀頃に作られていたウインザーチェアは、

この手斧の取手部分が長くなったようなもので、地面に置いた座面を足で押さえて掘られていたようです。

 

 

 

【もった】

 

もった.jpg

手斧によく似ていますが、刃幅が広く角度が急ですので、座面掘りには向いていません。

座面の底面の面取りなどに使用します。

 

 

 

【木工バイス】

 

バイト.jpg

 

ウィンザーチェアの足などをならい旋盤でおおまかに削ったあと、

細かい部分の仕上げに使うことが多いです。

刃先はノミと同様ですが長さがあるため研ぐのが難しいです。

 

【木工ならい旋盤】

習い旋盤2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:28 | category: 道具のこと |
# ロッキングチェア アンティークカラー

納品前に和室で撮影。

和にも洋にも馴染むロッキングチェア。

傾きを少なくしているため、読書や映画鑑賞をするのにぴったり。

マイチェアとして、そして還暦や退職祝い等のお祝いとしてもよろこばれています。

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:14 | category: ロッキングチェア |
# 今日の風景

ウィンザーチェアの座面とアーム部分を切り出し中。

(この切り出した端材等でSTANDの小物は作られています。)

 

当工房のウィンザーチェアの座面は、継ぎ目なしの一枚板を使用しています。

その厚さは5cm程。

18世紀〜19世紀のウィンザーチェアはこのように厚い一枚板を使用していました。

 

FDY工房のウィンザーチェアは、次の世代、そのまた次の世代にも渡り、

いつの日かアンティークとなっていくような椅子です。

 

FDY工房(ホームページ)

※FDY工房の製品ページ

 

STAND(ホームページ)

※”伝統の技術をより身近に..."端材を活かしたインテリア雑貨

 

FDY工房-----------------------------------------

〒811-3415 福岡県宗像市朝野472

E-mail→info@fdy-chair.com

Tel→0940-33-7238

工房・展示場は随時ご見学いただけます。
ご希望の方は事前にメールまたはお電話にてご連絡下さい。
営業時間:10:00〜17:00(平日)
休業日:不定休
※土・日・祝日もご連絡いただければご案内いたします。

--------------------------------------------------

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:00 | category: ウィンザーチェア |
# 鉋とノミ

しばらく更新が停滞しておりました。久々の投稿です。

今回は私が愛用している手道具達をご紹介します。

 

 

【ノミ】

 

ノミ縦.jpg

私が木工の仕事を始めたときに新品購入したもので、

もう10年の付き合いになろうとしています。

初めのころは上手く研げず、丸くなってしまった刃先を必死に直したことを思い出します。

主にロッキングチェア、ローアームチェアなどのホゾやホゾ穴加工に多用しますが、

木工加工全般に使います。

現在は仕事をするにあたり申し分ない状態で維持できています。

 

 

【鉋】

 

鉋縦.jpg

上から寸八と寸六、右下が豆鉋。

残りが反り鉋で豆鉋の台を特定のRに加工したもの。

寸六は2代目で初代は度重なる台直しにより口が開きすぎたため、

埋木をして別用途で使用しています。

この2代目寸六も研ぎによりだいぶ刃が短くなってしまいました。

寸八は比較的新しくおろしたもので、テーブルなどの広い面に使用します。

豆鉋はほぼ面取り用。

反り鉋は主にロッキングチェアの背板やアームの曲面用で、

曲面でも平面と同等に仕上げます。

 

 

【砥石】

 

砥石2.jpg

 

最後に砥石です。

左の赤いほうは荒砥でホームセンターなどで普通に手に入るものです。

ノミも鉋もはじめはこれで研ぎます。

これは何個目なのかは定かではありませんが、相当数を薄くなるまで使いました。

上に見える薄い板がその一部ですが、小さい刃物を研ぐために再利用しています。

右が仕上げ砥で天然砥石です。

黒い研ぎ汁がすじになるくらいまで研げば切れ味は申し分ありません。

 

 

以上、鋸や玄翁など他にも手道具はありますが、

これらが無いと仕事にならないというくらい

特に重要なものをご紹介させていただきました。

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:16 | category: 道具のこと |
# 猫ちゃん
毎年工房での展示会へお越しくださるお客さまから、お預かりしていた画像。
ずっとずっと投稿をのがしていました。

玄関に置いてくださっているウィンザースツール。いつもご主人が煙草を一服される時に使っているそうですが、お家の猫ちゃんもお気に入りだそうです^ ^
猫ちゃんとウィンザースツール、絵になりますね〜!




FDY工房(ホームページ)

※FDY工房の製品ページ

STAND(ホームページ)

※”伝統の技術をより身近に..."端材を活かしたインテリア雑貨

FDY工房-----------------------------------------

〒811-3415 福岡県宗像市朝野472

E-mail→info@fdy-chair.com

工房・展示場は随時ご見学いただけます。
ご希望の方は事前にメールまたはお電話にてご連絡下さい。
営業時間:10:00〜17:00(平日)
休業日:不定休
※土・日・祝日もご連絡いただければご案内いたします。

--------------------------------------------------

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:54 | category: ウィンザースツール |
# 工房展示会終了
昨日で工房展示会、無事に終了いたしました。
たくさんの方が遠くから足を運んでくださり、嬉しく思っております。
ありがとうございました。
これを励みに、今後も製作に励んでいく所存です。
今後とも、FDY工房をよろしくお願いいたします!
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:56 | category: お知らせ |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links